カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
 

黒松の育て方

小さくても風格を感じる黒松です。一年中、緑である松は縁起物の松竹梅でも出てきますね。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:屋外 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:日本
  • 科名:マツ科の常緑高木

注意点

日当たり、通風の良い場所で管理しましょう。夏場の水遣りが大事です。夏場は鉢が乾かないよう毎日たっぷり水を与えます。和物のなかでも、黒松は比較的育てやすい植物です。水枯れや強い日差しにもよく耐えます。是非挑戦してみてください。

紅葉(もみじ)の育て方

日本の風情を感じる代表選手です。秋の紅葉をじっくりお楽しみください。紅葉後は落葉しますが、きれいな春に新芽がでてきます。新緑も美しいですね。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:屋外 日なた
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:日本・朝鮮半島・中国・台湾
  • 科名:カエデ科カエデ属の落葉高木

注意点

日当たり、通風の良い場所で管理しましょう。ヤマモミジはカエデ同様、特に夏場の水遣りが大事です。鉢が乾かないよう毎日たっぷり水を与えます。夏場は直射日光を避け、冬は軒下、棚下などにおいて保護すます。

櫨の木(ハゼノキ)の育て方

果実から木蝋を採取する資源作物として、江戸時代に琉球王国から持ち込まれ田植物です。俳句の世界では秋に美しく紅葉するハゼノキを櫨紅葉(はぜもみじ)とよび秋の季語としている。櫨の実も秋の季語です。ウルシほど強くはないが、かぶれることもあるので注意が必要です。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:屋外 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア・東アジア
  • 科名:ウルシ科ヌルデ属の落葉小高木

注意点

日当たり、通風の良い場所で管理しましょう。特に夏場の水遣りが大事です。夏場は鉢が乾かないよう毎日たっぷり水を与えます。夏場は直射日光を避け、冬は軒下、棚下などにおいて保護すます。

棕櫚竹(シュロチク)の育て方

和風にもアジアン調にもよく似合う、最近は幹の皮を手をかけてむいてしまう仕立て方もある、なんとむいたと後は白い幹だが、日に当てると緑色の青竹のようになります。モダン和風によく似合います。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 水やり:普通
  • 病害虫:強い
  • 原産地:中国南部・東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:ヤシ科ラピス属

注意点

0度あれば大丈夫です。日あたりの悪い場所でも強く、強健な植物です。直射日光による葉やけにはご注意ください。水が大好きですので、温かい生育期間は水を多めに与えましょう。

梛(ナギ)の育て方

つやのある深い緑の葉と、堅そうな黒い幹が特徴です。イチョウと同じ裸子植物に属し、雌雄異株、5〜6月に松の雄花に似た花をつけ、11月ころに粉白色を帯びた丸い実をつけます。ナギの木は各地で大切に守られ、大きいものは天然記念物として神社の境内でたまに見かけますが自然の中でナギはほとんど見かけません。「チカラシバ」ともいわれ、葉の繊維がとても強く、引っ張っても簡単には切れないところから愛し合う男女のあいだを結びつける力になぞらえ、万葉の女性たちは、ナギの葉をしのばせ、愛する人との縁が切れないように願ったそうです。ナギの葉は今でも「夫婦円満」「家内安全」「縁結び」のお守りとして使用されることもあります。また、縁起のよい樹木として結婚祝や記念日などにプレゼントにも利用されます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:本州・四国・九州・沖縄・台湾
  • 科名:マキ科マキ属の常緑高木

注意点

日本の本州にも生息する植物です。寒さに強く、強健が性質です。苗木の時はよく水を吸いますので、水やりは多めに気をくばりましょう。なるべく明るい場所で管理しましょう。

旭山桜の育て方

蕾がだんだん膨らむ開花の様子を目の前でお楽しみ頂けます。あまり大きくならない、鉢植え等に適した品種です。落葉樹ですので、今は葉が全て落ちた枝だけの状態にですが、開花後、新しい葉がつき始め葉桜となります。家の中でお花見を楽しんでください。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:屋外 日なた
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:日本
  • 科名:バラ科の落葉高木

注意点

開花までは、風通しのよい室内の明るい場所で育てることが出来ます。苔部分は乾いたら水やりを、又まめな、霧吹きは有効です。開花後は屋外の日当たりの良いところで管理しましょう。開花後に剪定(センテイ)する事により毎年お楽しみ頂けます。(剪定しない場合は、ひと回り大きくなって開花します。)植替えは2〜3年に一回程度です。庭植えする場合には、日当たりの良い、肥沃(ヒヨク)な土壌に植込みます。肥料は夏前、冬前に肥与えると翌年、花付がよくなります。

ワイヤープランツの育て方

ワイヤープランツは、針金状の枝に、丸い小さな葉をいくつもつけ、見た目にも可愛らしいのが特徴です。ミニグリーンや寄植えになどにぴったりです。あたたかい地域なら、室内でなくても、地植えして、ガーデニングの植物としてもつかえます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ニュージーランド
  • 科名:タデ科ミューレンベッキア属

注意点

見た目のやわらかさと違い、強健で、育てやすい観葉植物です。寒さには特に強いですが、室内の乾燥には注意が必要です。鉢の土を湿り気味に管理しましょう。水やりが不足すると葉がちりじりになりますので、ご注意を。

リュウビンタイの育て方

リュウビンタイは、「龍鱗たい」の字と考えられ、葉柄基部の托葉の形状からきているといわれている。リュウビンタイの仲間は、他の多くのシダと違って石炭紀以来の形質を引き継いでいます。和風、アジアン風の空間にぴったり似合います。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:アジアア・フリカ熱帯亜熱帯
  • 科名:リュウビンタイ科リュウビンタイ属

注意点

耐陰性に優れています。かなり暗くても育ってくれます。水が切れると葉がたれてきますので、水やりのサインです。冬場は暖かいお部屋で管理しましょう。

ミリオンバンブー ホワイトの育て方

花言葉は、「幸福」「開運」「長寿」。ミリオンバンブーは他に、「万年竹」「富貴竹」などいろいろな呼び方があります。このミリオンバンブーは、もともとドラセナ・サンデリアーナの葉を落として茎だけにしたもので、育て方も簡単で人気が高まっています。幹を網目状に編んで、タワータイプに仕上げてあります。中国や台湾では、縁起のいい観葉植物として、プレゼントや正月飾りなどにされています。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:熱帯アフリカ
  • 科名:リュウケツジュ科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥には弱いので、風通しのよいところで管理してください、葉の裏面などに霧吹きをしてやると喜びます。水枯れに強く扱いやすい商品です。冬季間の寒さには注意しましょう。

注意する病害虫

ミリオンバンブー イエローの育て方

花言葉は、「幸福」「開運」「長寿」。ミリオンバンブーは他に、「万年竹」「富貴竹」などいろいろな呼び方があります。このミリオンバンブーは、もともとドラセナ・サンデリアーナの葉を落として茎だけにしたもので、育て方も簡単で人気が高まっています。幹を網目状に編んで、タワータイプに仕上げてあります。中国や台湾では、縁起のいい観葉植物として、プレゼントや正月飾りなどにされています。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:熱帯アフリカ
  • 科名:リュウケツジュ科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥には弱いので、風通しのよいところで管理してください、葉の裏面などに霧吹きをしてやると喜びます。水枯れに強く扱いやすい商品です。冬季間の寒さには注意しましょう。

注意する病害虫

ミリオンバンブーの育て方

花言葉は、「幸福」「開運」「長寿」。ミリオンバンブーは他に、「万年竹」「富貴竹」などいろいろな呼び方があります。このミリオンバンブーは、もともとドラセナ・サンデリアーナの葉を落として茎だけにしたもので、育て方も簡単で人気が高まっています。幹を網目状に編んで、タワータイプに仕上げてあります。中国や台湾では、縁起のいい観葉植物として、プレゼントや正月飾りなどにされています。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:熱帯アフリカ
  • 科名:リュウケツジュ科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥には弱いので、風通しのよいところで管理してください、葉の裏面などに霧吹きをしてやると喜びます。水枯れに強く扱いやすい商品です。冬季間の寒さには注意しましょう。

注意する病害虫

ミニバラの育て方

ミニバラは、花の大きさが小さく(大きくても5cm程度)、葉も小さく高さも低い(20cm程度、大きくても50cm程度)。小さくてとても扱いやすく、花が次々と咲いてくれます。最近では、母の日などのギフトとしてもよく使われます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:屋外 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:弱い
  • 原産地:欧州
  • 科名:バラ科の落葉低木

注意点

戸外の日当たりの良く風通しの良い場所で管理しましょう。鉢植えの場合、水やりは、鉢土の表面が乾きだしたら、鉢の底に流れ出るまで充分に与えます。夏は毎日、春・秋は1週間に1〜2回程度が目安です。花を次々とつけますので、肥料はこまめに与えましょう。少しずつ長く効く肥料を鉢の縁に置くか、2週間に1度液体肥料を与えるのが有効です。開ききった花は摘み取り、花は早めに摘み取りましょう。咲き終わった花をそのままにしておくと次の花の開花が遅れたり、貧弱な花になってしまいます。また、花びらが地面に落ちたものを放置しおくと、そこにカビが発生して病気にかかる原因となります。葉や枝が込み合ってきたら株の内側を向いた細い枝を元から切り取ります。バラはデリケートですので殺菌剤や殺虫剤を散布して予防を心がけましょう。

注意する病害虫

マングーカズラの育て方

切れ目のある大きな葉が特徴。樹木の幹に気根を出して付着するつる性植物です。ハブより強いマングースからマングカズラとなずけられたそうです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日陰
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:沖縄・台湾・東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:サトイモ科エピプレムヌム属

注意点

耐陰性があり、弱光下でも強い生育力を発揮して暗いところでもよく育ちます。でも、真っ暗はだめです。比較的寒さにも強い植物です。乾燥は嫌いますので、葉の表面に霧吹きをかけると喜びます。

マッサンゲアナ 朴の育て方

長寿の木として有名で、原産地(アジア及びアフリカの熱帯)などには樹齢数千年に及ぶのもあります。生命力の強さも抜群で、幹を切断してさし木すれば簡単に発芽・発根させることが出来ます。又、ハワイやポリネシアでは、この木を垣根に植えると悪霊を防ぎ、幸運を呼ぶといわれて珍重されています。白い花を咲かせてくれることもあります。朴タイプで枝の姿もおもしろい一品です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:アフリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥・水枯れに強く扱いやすい植物です。冬季間の寒さには注意しましょう、冬場は暖かい室内で。挿し木で増やすこともできます。

注意する病害虫

マッサンゲアナ アオ(幸福の木)の育て方

マッサンギアナの斑が無い、葉が緑色のタイプです。斑入り種よりも強健で育てやすい植物です。朴タイプで枝のフォルムがおもしろく、存在感のある植物です。一本一本枝に特徴があるのも楽しみのひとつです。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:アフリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥には弱いので、風通しのよいところで管理してください、葉の裏面などに霧吹きをしてやると喜びます。水枯れに強く扱いやすい商品です。冬季間の寒さには注意しましょう。

注意する病害虫

マッサンゲアナの育て方

長寿の木として有名で、原産地(アジア及びアフリカの熱帯)などには樹齢数千年に及ぶのもあります。生命力の強さも抜群で、幹を切断してさし木すれば簡単に発芽・発根させることが出来ます。又、ハワイやポリネシアでは、この木を垣根に植えると悪霊を防ぎ、幸運を呼ぶといわれて珍重されています。白い花を咲かせてくれることもあります。お勧めの植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:アフリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥・水枯れに強く扱いやすい植物です。冬季間の寒さには注意しましょう、冬場は暖かい室内で。挿し木で増やすこともできます。

注意する病害虫

ポインセチアの育て方

1825年アメリカの公使だったポインセット氏がメキシコに自生していたポインセチアを発見。その名前からポインセチアと命名されました。原住民だったインディアン達は、ポインセチアを観賞用としてではなく、茎を切ったときに出る白い乳液を解熱剤として使うなど、医療用に使用していました。後に欧州ではクリスマスにキリストの血の色、すなわち赤を飾る習慣があり、クリスマス時期に苞葉の赤色が最高に美しくなり、それが下葉の緑との調和がよく、花の中にある蜜腺の黄色が、鈴の金色の役割りを果たしていることから,クリスマスに用いられるようになりました。欧米ではクリスマスフラワーの別名まで持ちます。 花言葉は「私の心は燃えている」。深みのある赤色の苞葉は、愛情そのものです。クリスマスプレゼントに愛の言葉のかわりに、ポインセチアをプレゼントするのも良いのではないでしょうか。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:13度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:中央アメリカ(メキシコ)
  • 科名:トウダイグサ科 花木

注意点

真っ赤に色づく葉を鑑賞する多年性の植物で、クリスマス時期によく出回るので、寒さに強いと思われがちですが、寒さには弱く13度程度は必要です。10月下旬から3月いっぱいまでは室内で管理します。明るい窓辺で管理しますが、乾燥を嫌いますので、暖房が直接あたる所などに置かないよう注意しましょう。水が切れると葉を落としますので、鉢の土が乾いたら、たっぷりと水を与えます。花が咲いたあとの株の冬越しに成功したら、4月の中頃に下から2〜3節を残して切り戻しをおこないます。4月から10月まで月に1回、化成肥料を置き肥します。そうすることで、新芽が元気に伸びてきて、バランスのよい草姿になります。ポインセチアは短日植物のため、日の当たる時間が12時間以下にならないと花が咲かない性質を持っています。

注意する病害虫

ベンジャミン スタンダードの育て方

小葉の光沢のある鮮やかな葉っぱが魅力のきれいな育てやすい観葉植物です。真ん丸く仕立てた可愛いスタンド仕立てで贈り物やプレゼントにも人気の定番観葉植物です。幹をねじったおもしろい樹でインド・ネパールでは、聖木として、大切にされています。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア・東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

光が大好きな観葉植物ですから、お家の中で一番日当り、風通し共に良い場所で管理しましょう。光量不足になったら、自己防衛のために、内部の葉から落ちてしまうことがありますが、その場所にあった、葉の量になります。明るいところでは、たくさんの葉をつけてくれます。

ベンジャミナの育て方

小葉の光沢のある鮮やかな葉っぱが魅力のきれいな育てやすい観葉植物です。インド・ネパールでは、聖木として、大切にされています。上から下まで葉がぎっしりありますから、お部屋の目隠しなどにもお薦めです。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア・東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

光が大好きな観葉植物ですから、お家の中で一番日当り、風通し共に良い場所で管理しましょう。光量不足になったら、自己防衛のために、内部の葉から落ちてしまうことがありますが、その場所にあった、葉の量になります。明るいところでは、たくさんの葉をつけてくれます。

注意する病害虫

ベアーグラスの育て方

伊豆七島原産のオオシマカンスゲまたはハチジョウカンスゲの斑入り品種と言われています。和風の演出にはぴったりで、鮮やかな白のラインが、空間を明るくしてくれます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:伊豆七島
  • 科名:カヤツリグサ科スゲ属

注意点

もともと、明るい林床に自生し、半日陰から日当たりで育つ。かなりの乾燥に耐え、逆に過湿は嫌います。寒さには強く、-10度まで耐えるようです。

プミラ サニーホワイトの育て方

「知識・元気づける」と言う花言葉をもつ可愛いプミラは、ミニグリーンや寄植えなどに似合う、とってもかわいく、人気の植物です。もともと原産は東南アジアで、白い斑入りのサニーホワイトは、オランダで品種改良された物です。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:日本・中国・ベトナム
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

葉が緑の原種は、日本にも自生していた植物ですから、性質はとても強健で、寒さも0度で大丈夫です。ただし、室内の乾燥は苦手なので、霧吹きをまめにかけてあげましょう。水やりも湿りぎみで、潅水を怠ると、葉がちりじりになってしまいます。

プミラの育て方

「知識・元気づける」と言う花言葉をもつ可愛いプミラは、ミニグリーンや寄植えなどに似合う、とってもかわいく、人気の植物です。もともと原産は東南アジアで、白い斑入りのサニーホワイトは、オランダで品種改良された物です。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:日本・中国・ベトナム
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

葉が緑の原種は、日本にも自生していた植物ですから、性質はとても強健で、寒さも0度で大丈夫です。ただし、室内の乾燥は苦手なので、霧吹きをまめにかけてあげましょう。水やりも湿りぎみで、潅水を怠ると、葉がちりじりになってしまいますのでご注意を。

フランスゴムの木の育て方

希少種のフランスゴム(rustyfig)。小さいく丸い葉がかわいく、自然な樹形が印象的です。街路樹、ガーデン用、観葉植物として世界的にも人気があるそうです。ナチュラル派のあなたにお薦めの植物。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:オーストラリア
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

耐寒性、耐陰性があり扱いやすい植物です。できるだけ明るい場所で育てましょう。冬場は暖かいお部屋で管理します。

フィットニアの育て方

白の網目模様の斑入り葉が美しい匍匐性の多年草で、ハンギング、テラリウムなど用途の広い観葉植物です。葉の模様が網の目のように見えるのでアミメグサ(網目草)の名があります。普通、単にフィットニアといえばベニアミメグサとその変種のことをいいます。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ペルー
  • 科名:キツネノマゴ科フィットニア属(アミメグサ属)

注意点

耐陰性が強いので、室内のどこでにも置けますが、本来は半日陰を好みます。強光には弱く、夏の直射光に当てると葉が焼けたようになって枯れ込みます。春〜夏は日陰に、秋から冬は半日陰に置くのがよいでしょう。

フィカス ロブスター(ゴムの木)の育て方

葉が丸く節間が短く厚みのある丸い葉が特徴の代表的なゴムノキです。高さ30m以上にもなるインドゴムノキの枝代わりで常緑高木です。葉や幹を切ると白い樹液が出てきます。これが昔、ゴムの原材料となったそうです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:強い
  • 原産地:東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。明るい場所で育てると葉に張りが出てきます。耐寒性、耐乾性共にあり、育てやすい植物です。

フィカス ブラジルの育て方

インドゴムの木のフィリ種で、葉の色と模様がとてもきれいで、鑑賞性の高い植物です。葉や幹を切ると白い樹液が出てきます。これが昔、ゴムの原材料となったそうです。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア熱帯雨林気候区原産園芸品種
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。明るい場所で育てると葉の色が鮮やかに出てきす。高温多湿に取り扱うと、葉にしみが出ることがあります。

フィカス トリノの育て方

ゴムの木の仲間ですが、とても珍しい、逆三角形の葉の形で、かわいらしい植物です。自然な風合いがインテリアにマッチします。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:熱帯アフリカ
  • 科名:クワ科フィクス属(イチジク属)

注意点

耐陰性が強いので、室内のほとんどの場所に置けますが、本来は陽光を好み、強い光でよく育ちます。冬以外は戸外でもかまいませんが、真夏は半日陰にします。冬は暖かい明るい室内に置きます。

ヒメモンステラ(ホワイトラウンド)の育て方

小さなときは大きなハート型のかわいい葉ですが、成長すると葉っぱに不規則に深い切れ込みと良く伸びて多く出る気根が出てきます。ジャングルの熱帯のイメージが良い感じです。仲間のモンステラ・デリシオサは他の木に付着しながら高さ7mにもなるそうで果実は熟すと食用にもなり、バナナのような香りがするそうです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ギアナ・アメリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:サトイモ科モンステラ属

注意点

意外に寒さにも強く、耐陰性があり水枯れにも強い植物です。強すぎる光は避け、レースのカーテン等で少し日差しを遮った(遮光)窓辺に置いてください。空中湿度を保つように、霧吹きなどで水分を補給してあげましょう。

注意する病害虫

ハイドロカルチャー ワイヤープランツの育て方

ワイヤープランツは、針金状の枝に、丸い小さな葉をいくつもつけ、見た目にも可愛らしいのが特徴です。ミニグリーンや寄植えになどにぴったりです。あたたかい地域なら、室内でなくても、地植えして、ガーデニングの植物としてもつかえます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ニュージーランド
  • 科名:タデ科ミューレンベッキア属

注意点

見た目のやわらかさと違い、強健で、育てやすい観葉植物です。寒さには特に強いですが、室内の乾燥には注意が必要です。鉢の土を湿り気味に管理しましょう。水やりが不足すると葉がちりじりになりますので、ご注意を。

ツピタンサス 朴の育て方

ツプタンサスの貴重な朴タイプです。自然の生命力をを感じさせますね。鮮やかな緑の大きな丸みのある葉が特徴で、少し厚みの光沢のある葉がとてもきれいです。美しい葉と自然な幹の風合いが人気で、インテリアグリーンとして貴重なアイテムです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:ウコギ科ツピタンサス属

注意点

乾燥に強く寒さに強い特徴があります。明るい日当たりのよい場所で育てましょう。直射日光に合うと葉が焼ける場合がありますのでご注意を。

注意する病害虫

ツピタンサス ねじりの育て方

ツピタンサスの貴重なねじりタイプです。鮮やかな緑の大きな丸みのある葉が特徴です。少し厚みの光沢のある葉がとてもきれいです。美しい葉とねじれた幹の風合いが人気で、インテリアグリーンとして貴重なアイテムです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:ウコギ科ツピタンサス属

注意点

乾燥に強く寒さに強い特徴があります。明るい日当たりのよい場所で育てましょう。直射日光に合うと葉が焼ける場合がありますのでご注意を。

注意する病害虫

ツピタンサスの育て方

鮮やかな緑の大きな丸みのある葉が特徴です。少し厚みの光沢のある葉がとてもきれいです。美しい葉と自然な幹の風合いが人気で、インテリアグリーンとして貴重なアイテムです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:ウコギ科ツピタンサス属

注意点

乾燥に強く寒さに強い特徴があります。明るい日当たりのよい場所で育てましょう。直射日光に合うと葉が焼ける場合がありますのでご注意を。

注意する病害虫

ソング オブ ジャマイカの育て方

黄緑色のラインが入った美しい葉と、一鉢違う個性的な樹形がとってもスタイリッシュで個性的なオシャレな植物です。幹が曲がりながら伸びていく姿をお楽しみください。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:マダカスカル・モーリシアス諸島
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。直射日光に合うと葉が焼ける場合がありますのでご注意を。10度あれば大丈夫ですが、寒さには注意しましょう。水枯れ・乾燥にも比較的強い植物です。

注意する病害虫

ソング オブ インディアの育て方

お部屋が明るくなるような、鮮やかな斑入り葉と一鉢一鉢違う個性的な樹形がとってもスタイリッシュでオシャレな植物です。曲がりながら伸びていく幹が空間を演出してくれます。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:マダカスカル・モーリシアス諸島
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。明るい場所で育てると色が鮮やかになります。10度あれば大丈夫ですが、寒さには注意しましょう。水枯れ・乾燥にも比較的強い植物です。

注意する病害虫

ストロマンテ トリオスターの育て方

鮮やかなグリーン、レッド、ホワイトの3色に彩られた葉は、他の植物には見られないとても美しい色合いです。葉の裏は赤く、不思議な葉の模様と葉の表と裏の美しいコントラストを是非ご覧ください。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ブラジル・
  • 科名:クズウコン科ストロマンテ属

注意点

比較的寒さには強くありませんが、耐陰性もあり扱いやすい植物です。竹の子のように土から新しい芽が出てきます。しっかりした株に育てるとさらに、強くなるようです。根の張りが早い方なので、根が張ってきたら一回り大きな鉢に植え込んであげましょう。

ステレオスペルマム レモンライムの育て方

光沢のある小葉が羽状複葉につき、明るくきれいなレモンライム色の葉が特徴です。小葉の繊細さがとてもきれいです。涼しげで和でも洋でも良く似合う植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:3度
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:中国南部・台湾
  • 科名:ノウゼンカズラ科ラデルマケラ属

注意点

対陰性がありますが、明るい窓辺で管理しましょう。比較的、水が大好きな植物ですので、水をたっぷり与えます。寒さにも比較的強いのですが、冬場は2〜3度を保ちましょう。

注意する病害虫

ステレオスペルマムの育て方

光沢のある小葉が羽状複葉につき、明るくきれいな葉が特徴です。小葉の繊細さがとてもきれいです。涼しげで和でも洋でも良く似合う植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:3度
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:中国南部・台湾
  • 科名:ノウゼンカズラ科ラデルマケラ属

注意点

対陰性がありますが、明るい窓辺で管理しましょう。比較的、水が大好きな植物ですので、水をたっぷり与えます。寒さにも比較的強いのですが、冬場は2〜3度を保ちましょう。

注意する病害虫

ステノカルプスの育て方

手を開いたような、不思議な形の葉でが特徴で、自然な幹の立ち上がりの枝もおもしろい。こだわりのモダンスタイルにお勧めの植物です。皮質で光沢のある鮮緑色ですが、新芽は褐赤色です。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:オーストラリア東部海岸温帯夏雨気候区
  • 科名:ヤマモガシ科ステノカルプス属

注意点

耐寒性抜群で、0度あれば大丈夫で、日当たりを好みますが、耐陰性もあり育てやすい植物です。

注意する病害虫

シンゴニウムの育て方

きれいな緑が特徴の植物です。コンパクトにまとまりあまり大きくならないので、卓上グリーンにお奨めです。株が大きくなりますが、取り木や水さしで容易に増やすことができます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:メキシコ・中米
  • 科名:サトイモ科シンゴニウム属

注意点

耐陰性があり、比較的寒さにも強い植物です。直射日光はだめですが、明るい窓際で育てると、葉の色が鮮やかに育ちます。

ショウナンゴム アムステルダムの育て方

新芽がピンク色になるきれいな葉が特徴です。ゴムの木の中でも葉が細く小さなショウナンゴムの木の園芸品種で珍しい一鉢です。鑑賞性も高い植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:園芸品種
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

ゴム類と同じ扱いで日当りと風通しの良い場所を好みます。水やりも1週間に一度程度で扱いやすい植物です。エアコンの温冷風が直接当たらないように注意して下さい。

シマトネリコの育て方

大きくなると暑い夏になると、芳香のある小さくて白いカワイイ花を咲かせ、夏の終わり頃から秋にかけて小さな実を付けてくれす。もちろん室内の観葉植物として楽しめますが、大きいサイズのものは、暖地では庭のシンボルツリーなどとして、取り入れられています。それほど手入れをしなくても元気に育つのが特徴的です。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:琉球列島・台湾・中国南部
  • 科名:モクセイ科トネリコ属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。寒さにはとても強く、外でも越冬します。寒さで落葉することもありますが、春には新芽を出し始めます。乾燥は苦手ですから、霧吹きをかけてあげましょう。

ザミオクルカス ザミーフォリアの育て方

インテリアグリーンの中でも人気急上昇です。光沢を帯びた多肉質な質感の葉がとてもきれいです。きれいに並ぶ葉の姿は、絵で書いたようです。茎の根元が太く、ツヤツヤした葉っぱをもつザミフォーリアは見かけどおり乾燥に強くとても扱いやすい植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:少なめ
  • 病害虫:強い
  • 原産地:アフリカ東部
  • 科名:サトイモ科ザミオカルカス属

注意点

レースのカーテン越しに日光が当たる明るい窓辺が最適です。直射日光が当たる場所に置くと葉が日焼けしてしまうので注意してください。冬季の寒さには注意しましょう。水やりは控えめに、渇き気味に管理します。水やりが多すぎると根腐れの原因になります。

サンデリー セデスの育て方

あまり見かけない、珍しい品種でサンデリーの仲間ですが、幹や葉がコンパクトにまとまり、洋風のようだがとても和風のお部屋に似合う。黒い器などに合わせえると一段と存在感が増しますね。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:弱い
  • 原産地:カメルーン
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

寒さを気をつければ、比較的扱いやすい植物です。空中の乾燥を嫌いますので、風通しの良い場所へおきましょう。冷、暖房など乾いた室内ではハダニが発生しやすくなりますので、葉の裏に霧吹きをまめにかけてやりましょう。

コーヒーの木の育て方

ご存知、コーヒー豆の木です。花は白色で芳香性があり果実は初め緑色ですが熟すると赤色になります。収穫期は8〜9ヶ月後で果実の中には2個の種子があります。コーヒー豆作りに挑戦してみてください。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:7度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:エチオピア
  • 科名:アカネ科コーヒーノキ属

注意点

明るい日差しが大好きです。灌水は鉢の土が乾いたらたっぷりと与えます。冬場は暖かいお部屋で管理しましょう。

注意する病害虫

コンシンネ 朴の育て方

細長く剣のような葉が無数に広がる、シャープな葉がスタイリッシュ美しい姿です。モデルルームやギャラリーでも良く見かける、インテリアグリーンの代表選手です。朴仕立て(スタンダードタイプ)で場所を取らないスッキリとしたインテリア性の高い樹形です。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:強い
  • 原産地:マダガスタル・アフリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的日の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥・水枯れに強く扱いやすい植物です。冬季間の寒さには注意しましょう、冬場は暖かい室内で。挿し木で増やすこともできます。

注意する病害虫

コンシンネ レインボーの育て方

鮮やかで明るい黄白色の葉が清涼感をかもし出してくれます。細長く剣のような葉が無数に広がるシャープな葉がスタイリッシュで美しい姿です。モデルルームやギャラリーでも良く見かける、インテリアグリーンの代表選手です。幹が柔らかい特徴がありますので、針金などを使ってお好みの樹形に仕立てることもできます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:強い
  • 原産地:マダガスタル・アフリカ熱帯雨林気候区原産園芸品種
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的穂の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥には弱いので、風通しのよいところで管理してください、葉の裏面などに霧吹きをしてやると喜びます。水枯れに強く扱いやすい商品です。冬季間の寒さには注意しましょう。

注意する病害虫

コンシンネ バイカラーの育て方

鮮やかで明るい黄白色の葉が清涼感をかもし出してくれます。細長く剣のような葉が無数に広がるシャープな葉がスタイリッシュで美しい姿です。モデルルームやギャラリーでも良く見かける、インテリアグリーンの代表選手です。幹が柔らかい特徴がありますので、針金などを使ってお好みの樹形に仕立てることもできます。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:強い
  • 原産地:マダガスタル・アフリカ熱帯雨林気候区原産園芸品種
  • 科名:リュウゼツラン科ドラセナ属

注意点

耐陰性があり、比較的穂の当たらないところでもよく育ちます。直射日光には当てないでください。乾燥には弱いので、風通しのよいところで管理してください、葉の裏面などに霧吹きをしてやると喜びます。水枯れに強く扱いやすい商品です。冬季間の寒さには注意しましょう。

注意する病害虫

コルディリネの育て方

コルディリネの銅葉タイプで赤色の葉がとてもきれいです。日あたりの良いところで育てると一段と色味が増します。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:少なめ
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア
  • 科名:リュウゼツラン科コルディリネ属

注意点

比較的寒さに強い観葉植物です。耐陰性もあり育てやすい植物、乾燥は苦手で湿度不足ではハダニが付くことがあります。風通しのよい窓辺で育ててあげましょう。葉に霧吹きをかけて空中湿度をあげると喜びます。

注意する病害虫

ココヤシの育て方

樹高は大きいもので約30メートルにまで成長する。非常に固い殻に包まれた種子があり、果実は海水によく浮かび、遠距離への種子の散布が可能である。非常に利用価値の高い植物である。茎は材木となり葉は屋根を葺き、あるいは繊維を編んで敷物やカゴなどに加工される。果実はココナッツと言われ、主として食用になる。液状胚乳はそのまま飲用される。1個の果実には約1リットルの液状胚乳が入っている。果実の皮からは繊維を取り出してロープやたわしなどができる。熱帯ムードを高めるのにはもってこいの植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:15度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ポリネシア・熱帯アジア
  • 科名:ヤシ科ココヤシ属

注意点

日当たりの好む植物です。水もよく吸い上げますので、表土が乾いたらたっぷりと与えましょう。寒さには弱いので、冬場は暖かい室内で育てましょう。

クルシア ロゼアの育て方

緑がとてもきれいに映る、肉厚でツヤのある卵型の可愛らしい葉がたくさん付く植物です。どことなくゴムの木に似ていますが全く種類の違う植物です。市場には殆ど流通しない珍しい観葉植物です。意外と寒さに強さを発揮します。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:西インド諸島
  • 科名:オトギリソウ科クルシア属

注意点

最低気温10度まで大丈夫管理は比較的簡単です。室内のレースのカーテン越しの光で十分です。葉焼けを起こしますので真夏の直射日光は避けて下さい。水やりは土の表面が乾いたらたっぷり与えてください。

注意する病害虫

カンガルーアイビーの育て方

カンガルーアイビーの名の通りオーストラリア原産の植物で、葉の色がとてもきれいです。ブドウの葉を小ぶりで、少し上品にしたような感じで、清涼感があります。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:オーストラリア東部
  • 科名:ブドウ科シサス属

注意点

耐陰性、耐寒性に優れとても扱いやすい植物です。半日陰で育てるのがいいでしょう。冬は0度凍らなければ越冬します。表土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。強健で扱いやすい植物です。

カスタードスペルマム(ジャックと豆の木)の育て方

ジャックと豆の木と呼ばれるカスタードスペルマムです。オーストラリアでは樹高40mにもなる、常緑の大高木です。すくすく伸びる姿からこの別名がつけられました。オーストラリアビーンズとも言います。観賞用としては、急に大きくなることはありませんので、ご心配なく。自然な感じがかわいい植物です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:北東オーストラリア東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:マメ科カスタノスペルマム属

注意点

日当りと風通しの良い場所を好みます。エアコンの温冷風が直接当たらないように注意して下さい。最低温度は10度あれば大丈夫ですが、冬季間の寒さにご注意ください。

注意する病害虫

カシワバゴムの育て方

カシワの葉そっくりなことからこの名前がついた植物で、先端に広がって波打ち、光沢ある暗緑色の葉が特徴の個性的なイメージです。モダンな空間の中でひときわ存在感を発揮します。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:アフリカ熱帯気候区
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

半日陰でも育つ植物です。多湿を好みますので葉に霧吹きをかけてあげましょう。耐寒性、耐乾性共にあり、育てやすい植物です。鉢の表面の土が乾いたら水をたっぷり上げましょう。まれに綿貝殻虫が付くことがあります、見つけたらブラシなどでとってあげるか、ボルンなどの薬剤をかけましょう

注意する病害虫

エレンダニカ シッサスの育て方

巻きひげをもつ常緑つる性木で新葉は白色軟毛に覆われています。ブドウ科の植物らしく、さわやかな感じがしますね。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:西インド諸島・南アメリカ北部
  • 科名:ブドウ科シサス属

注意点

耐陰性、耐寒性に優れとても扱いやすい植物です。半日陰で育てるのがいいでしょう。冬は0度凍らなければ越冬します。表土が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

注意する病害虫

インペリアルゴールドの育て方

鮮やかな黄緑色の美しい葉が、お部屋のイメージを明るくしてくれます。つる性の植物でヘゴなどに仕立てて大きくしていきます。取り木や挿し木も容易で上部を取り木しても切断した下部から、また新しい芽が出てきます。

  • 販売休止期間:12月・01月・02月・03月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ブラジル北東部
  • 科名:フィロデンドロン属サトイモ科

注意点

寒さは苦手です、冬場は暖かい部屋の中で育てましょう。耐陰性もありますが、レース越しの明るい場所で育てましょう。きれいな黄緑色が鮮やかになります。

インペリアルグリーンの育て方

鮮やかな黄緑色の美しい葉が、お部屋のイメージを明るくしてくれます。つる性の植物でヘゴなどに仕立てて大きくしていきます。取り木や挿し木も容易で上部を取り木しても切断した下部から、また新しい芽が出てきます。

  • 販売休止期間:12月・01月・02月・03月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ブラジル北東部
  • 科名:フィロデンドロン属サトイモ科

注意点

寒さは苦手です、冬場は暖かい部屋の中で育てましょう。耐陰性もありますが、レース越しの明るい場所で育てましょう。きれいな黄緑色が鮮やかになります。

アレカヤシの育て方

明るい黄緑色の優美に広がる葉が特徴のトロピカルなイメージです。黄緑色の幹がいくつも芽を出す株立ちで、ボリューム感があり、目隠しやパーテーションにも最適です。清涼感漂うイメージは夏の観葉植物の代表選手です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:多め
  • 病害虫:普通
  • 原産地:マダガスタル・アフリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:ヤシ科ヤマドリヤシ属

注意点

最低温度は10度あれば大丈夫です。水が大好きなので、たっぷり与えてあげましょう。水が切れるとくったりとしてしまうので、水切れには注意が必要です。直射日光は好みませんが、風通しのよい明るい場所で育てましょう。

注意する病害虫

アルテシーマ 朴の育て方

ライムグリーンの葉脈がとても美しいく、室内を明るくなるような感じです。朴タイプで、枝のフォルムがおもしろく一鉢一鉢、特徴があります。お部屋のセンスアップのインテリアグリーンとして人気急上昇中です。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:インド・ミャンマー・東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。明るい場所で育てると葉の色が鮮やかになります。日差しが強すぎると葉が焼けることがありますのでご注意を。5度以上で大丈夫です。

アルテシーマの育て方

ライムグリーンの葉脈がとても美しいく、室内を明るくなるような感じです。ボサタイプで立ち上がりから、切れに葉がついています。

  • 販売休止期間:01月・02月
  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:インド・ミャンマー・東南アジア熱帯雨林気候区
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

明るい日当たりのよい場所で育てましょう。明るい場所で育てると葉の色が鮮やかになります。日差しが強すぎると葉が焼けることがありますのでご注意を。5度以上で大丈夫です。

注意する病害虫

アスパラガスの育て方

やわらかい雰囲気を出すときなどに切花でよく使われています。やさしい雰囲気です。新芽の先を見ると、やはりサラダに入っているアスパラにそっくりです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:南アフリカ
  • 科名:ユリ科アスパラガス属

注意点

比較的寒さに強い観葉植物です。耐陰性もあり育てやすい植物です。乾燥にも意外と強いのですが、水を切らすと、葉が黄色くなり、ぱらぱらと落としますので水やりには注意が必要です。葉に霧吹きをかけて空中湿度をあげると喜びます。

ガジュマルの育て方

幸福をもたらす精霊が宿っている木とも言われているガジュマル。ガジュマルは、真っ赤な髪で子どもの姿をしたキジムナーという精霊が棲むといわれています。ちなみに、「ガジュマル」とは沖縄地方の呼び名です。太い幹から、気根をだす特徴があり、生命力を感じさせます。洋風、モダンな家具やお部屋にぴったりです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 日なた
  • 最低温度:5度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:東南アジア・沖縄
  • 科名:クワ科フィカス属

注意点

耐陰性がある植物ですが、暗い場所に長い間置くと葉を落としてしまいますので、明るい窓辺で管理しましょう。冷暖房などの乾燥した空気は苦手です。風通しのよいところで管理しましょう。

モンステラの育て方

花言葉は「うれしい便り」。小さなときは大きなハート型のかわいい葉ですが、成長すると葉っぱに不規則に深い切れ込みと良く伸びて多く出る気根が出てきます。ジャングルの熱帯のイメージが良い感じです。仲間のモンステラ・デリシオサは他の木に付着しながら高さ7mにもなるそうです。果実は熟すと食用にもなり、バナナのような香りがするそうです。

  • 育てやすさ:★★★
  • 設置場所:室内 半日陰
  • 最低温度:10度
  • 水やり:普通
  • 病害虫:普通
  • 原産地:ギアナ・アメリカ熱帯雨林気候区
  • 科名:サトイモ科モンステラ属

注意点

意外に寒さにも強く、耐陰性があり水枯れにも強い植物です。強すぎる光は避け、レースのカーテン等で少し日差しを遮った(遮光)窓辺やリビング、もしくは午前中だけ日差しが入る風通しの良い場所に置いてください。乾燥させないように、霧吹きなどで水分を補給してあげましょう。

注意する病害虫

ページトップへ